事業企画フェーズのUX検討支援

最終更新日

企業の事業企画フェーズにてUX戦略のアドバイザリーメンバーとして参画しています。既存事業の中で培われてきた独自技術をベースに新たな領域への展開、応用を通して新規事業を創出していくプロジェクトです。まだやわらかい段階なので、詳細なUXを設計していくフェーズではないのですが、この段階からUXを意識しておくことは、付加価値の検討、戦略検討にとても重要です。

検討内容を常に可視化していくための工夫

UX検討に限った話ではないですが、空中戦になりがちな議論を整理するためや、プロジェクトメンバー間の意思疎通においては、常に自分たちの検討内容をアウトプットして整理しておくことが重要になります。UX戦略の検討では、対象となるユーザーの意識や行動の把握、サービス全体像の把握、実現に向けた関連部署との連携など、多くの検討項目と多くの関係者との連携が必要になってきます。いずれの検討も一貫性を持って議論していくためにも常に検討内容は俯瞰して捉え、共有しやすいよう、可視化していくことが大切になります。今回は、「ユーザーを深く捉える」「戦略的にUXを考える」をテーマに、整理、俯瞰できるようなツールを作ってサポートをしていきました。

  • ユーザーを深く知るための意識と行動の整理・俯瞰ツール
  • UXを戦略的に設計するための整理・俯瞰ツール

カスタマージャーニーマップに代表されるように、UX検討のツールは多くありますが、検討メンバーの意識が向いている方向や、検討テーマに合わせてオリジナルを作成したりしています。今回のツールについては後日ご紹介できればと思っています。